レポート★EXILE&Happinessと「Rising Sun」復興の地・仙台で夢のダンス課外授業

震災から6年を迎えた2017年3月11日。

EXILE TRIBEの小林直己さんとHappinessのメンバーが被災地の仙台を訪れて、スペシャルダンスワークショップ「夢の海外授業」を開催しました!

参加したのは、岩手の大槌町・山田町・宮古市の28名。
震災の時には、幼い子供だったり、家族や知人に不幸があった子も多いでしょう。

でも、こうやって元気に集まって、憧れのアーティストとつながりが持てるのは「ダンス」の魅力ならでは!

会場になったは、新設の「EXILE PROFESSIONAL GYM仙台校」。

参加者28名、緊張してメンバーの登場を待ちます!

IMG_0457

まずは、HappinessのSAYAKA、楓、YURINO、須田アンナ、川本璃と一緒にウォーミングアップから。

Happiness (2)

体もほぐれて、緊張もなくなってきました。みんな笑顔!

Happiness (3)

IMG_0582

続いては、小林直己さんからEXILE「Rising Sun」のレクチャー!

N (2)

EXILEの代表曲であるこの曲は、東日本大震災の復興支援ソングとして発表されたもので「未来への想いを込め、東北をイメージし、振り付けによさこいの動きを組み込んだり、みんなで一緒に歌って踊れるようにメンバー全員で考えた(小林直己)」という。

Happiness (5)

まずは、小林直己&Happinessで見本を見せます。

「すご〜い!うま〜い!」と参加者からの声が!

N (4)

N (6)

振り写しをしてもらいみんなもチャレンジ。

最初は苦戦したけど、だんだん「Rising Sun」の形になってきたぞ。

憧れのアーティストと一緒に踊れるなんて、まさに「夢の課外授業」だね

「大槌町には一人でも行かせていただいたり、東京に来られたときにもお会いさせていただいている」という小林。

実際に被災者と触れ合う中で「震災から6年が経ち、やっぱり被災された皆さんにしかわからない思いは正直あると感じる」と語る。

N (7)

ダンスレッスン後は、メンバーからTシャツのプレゼントやハイタッチ!

Happiness (1)N (8)

最後には「夢を叶えるために工夫したこと」をテーマに貴重な体験談も話してもらいました。

この日はダンス経験者も多かったから、ダンスに関する質問も出てましましたね!

N (11)

「一緒に汗をかいて身体を動かすというのは、いろんな垣根を取り払ってくれる。改めてダンスのいいところ再発見できました!(小林直己)」

「ダンスを通じて、幸せや夢を共有して、日本をもっと夢で溢れるような活動を私たちもしていきたいです!(Happiness楓)」

N (12)

最後は全員で記念撮影!!

N (13)

参加者にとっては、この日の体験は一生の宝物!

メンバーにとってもこれからもEXPG仙台校を拠点に、東北の皆さんとさらに繋がりを持って盛り上げていきたい」という思いが強くなったようだ。

posted by DANSTREET

EXPG仙台校の情報はコチラ>>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_0013 IMG_0009