注目★東京ゲゲゲイから学べ! 人を引きつける作品作りとは!?

2015.09.05 DANCE

カッコいいだけでは物足りない!魅力的なダンスを東京ゲゲゲイ動画から学んじゃおう☆

ダンスが上手い子が増えて、今やただ踊るだけではなかなか飛び抜けることがむずかしい。。

とは言え、スキルを重視してきたチームにとっては、抵抗があったり作品に取り入れることが難しかったり…苦労しているチームも多いんじゃないかな?

 

そんな子に是非見てほしいチーム。

それは…

 

東京ゲゲゲイ

0e863ccec4fdd3daf2d279061717ecd0

キレキレのダンスと独特の世界観で、見る者全てを引きつける唯一無二のチーム!

今夏のDANCE CLUB CHAMPIONSHIP(DCC)のゲストチームでも「葬儀」という衝撃のテーマで出演したね☆

そのステージでも、リーダーのMIKEYさんはこんなことを言っていました☆

「壮大なテーマで作品をやっても、全然伝わらないことがあるんです。皆さんのライフスタイルや普段思っている事を作品にすると、勝手に気持ちもこもる。例えば、嫌いな友達とかいたら、その子に向けて作品を作るんです。ダンスで復讐です!! そのときの人間のもつモチベーションというのは…おわかりになるでしょう(笑)。」

東京ゲゲゲイの作品は、とにかく“訴えかけるパワー”がスゴい!

日常にあふれる出来事。東京ゲゲゲイというフィルターを通すと、過激でキモカワな世界にッ!

日本エレキテル連合のパロディという見方もあるけど、「ロボットを愛した老人」と「未亡人ロボットあけみ」の切なさや残酷さを東京ゲゲゲイなりに表現しているとも言える!

関連記事:【MOVIE】ダメよ〜な恐怖のダンス動画が話題! 

 

こちらは、日本をイメージした作品。

ポールダンサーを日本国旗を掲揚しているように見せるなんて、さすが東京ゲゲゲイの発想。

“日本”というテーマにしたときに、日本的な琴や三味線の曲を使うチームが多いけど、それだけが“日本”じゃない。見ている人に“日本”をイメージさせることが出来れば、その表現方法は無限なんです!

 

ダンスを幅広くいろんな人に楽しんでもらうためには、テーマ・コンセプトを考えることは大切なこと☆

わかりやすいテーマでもいいし、感覚的なものでもいい。いろんな表現方法ができるというのがダンスの楽しいところだよね♪

自分が感じたこと、言いたいこと、面白いと思ったことがあるなら、ダンスで表現しなきゃもったいない!

東京ゲゲゲイをはじめ、いろんなダンスの先輩たちの作品からヒントを見つけよう☆

YouTubeにはさらに過激的なゲゲゲイ作品がアップされているから、興味のある子は探してみてね!!w

東京ゲゲゲイ オフィシャルサイト

 

 

posted by DANSTREET

 



  • 『ダンスク!』第12号7/15より全国ダンス部へ配布開始!