ステージ★ダンサー×ラッパー×歌手×俳優の個性とスキルがMIXして作られる新感覚ステージ「TOKYO TRIBE」をレポート!

2017.10.19 DANCE

ダンスシーンで話題をさらった舞台公演をレポートしましょう!

その名もTOKYO TRIBE

そう、井上三太原作の、漫画やアニメや映画で人気のあの世界がリアルな舞台になったのです!

『TOKYO TRIBE 2』は、架空都市“トーキョー”に生きる若者たちの日常、愛、友情を過激かつオシャレに描写。漫画読者のみならず、一大ストリートカルチャーと化してファッション、音楽にも多大な影響を与えた。人気は日本国内だけに留まらず、アメリカ、香港、ヨーロッパ各国でも翻訳出版され、シリーズの累計発行部数は250万部を超える。2014年には、鬼才・園子温監督によりラップミュージカルで実写映画化された。

出演するキャストの多くは、俳優ではなく人気のダンサーやラッパー!

一体どんな舞台になったのか?

全国をツアーで回ったその模様をレポートしよう!

【Story】
架空都市トーキョーにはいくつもの「トライブ」が存在し、各々の街を縄張りとし日々を生きている。トライブのひとつ、シヴヤSARUのメンバーである海も、いつものように仲間達との変わりない日々を送っていた。そんな中、かつて海の親友だったメラが率いるトライブ、ブクロWU-RONZの手によってSARUのメンバーが凄惨な死を迎える。シヴヤSARUリーダーのテラは暴力による事態の解決を禁じたものの、そのテラ自身もメラの手によって殺害されてしまう。そして、海とメラの過去に関係するスンミ。シヴヤSARUとブクロWU-RONZの抗争に巻き込まれるハラヂュクJINGUS。

生み出された火種は再びトーキョー中を巻き込んだ抗争へと発展していく。

 

まずダンサー的に注目なのが、Beat Buddy BoiからSHUNTOYOTAKARYOSHINSUKEの4人が出演しているところ。

29_0096 

中でもSHUNは主役として演技に初挑戦し、ラップやダンスそして殺陣まで抜群の存在感を見せてくれた。

 29_0060

29_0035

TOYOTAKARYOSHINSUKEは、ギャング的な役所をダンスと表情でパフォーマンス。セリフはないのだが、自らの振り付けでダンサーによる「演技」の新しい可能性を見せてくれたぞ。 

29_0037

他にもダンサーには、ベテランの植木豪(Pani Crew)が安定感のある演技とダンスを披露し、ブレイク界からYU-YAFlooriorz)、ヘッドスピン世界記録保持者の大野愛知、DANSTREET注目のビューティフルB-Girl魚地菜緒が参加し、ダイナミックなムーブを披露!

29_0028 

他にも、自主公演が大好評の梅棒が出演以外に演出を担当。

ラップ界からも、KEN THE 390ACEDOTAMAら個性派が集結した!

29_0001

29_0049

女性キャストには、実力派シンガーの當山みれいや元AKB 48の宮澤佐江が出演し、演技と歌で華を添えてくれたぞ。

29_0043

純粋な俳優の出演がないのがこの舞台の特徴で、演技やアクションの代わりをダンスが、セリフの代わりラップが担っているのだ。

29_0007

そして、19902000年代に大ブームを起こしたDragon AshRYHMESTARKick The Can Crewなどの日本語ラップが舞台のバックミュージックとしてストーリーを彩る。

29_0021

ダンス、演技、アクション、ラップ、そしてヒップホップミュージックが目まぐるしく(でも自然に)組み合わされ、観客があっという間に「TOKYO TRIBE」の世界観に引き込まれていく。

ダンサーの新たな可能性も見せてくれたこのステージ。 

出演したダンサーの今後の展開にも期待しよう!

posted by DANSTREET



  • ダンスク最新号は話題の登美丘高校を特集!強豪校コーチの本音も必見!