レポート★ISOPPとkazukiがレッスン&バトルで最終決定!緊張と熱気と情熱の「踊Menグランプリ」3次審査レポート!

2017.11.30 DANCE

いよいよ3次審査まで進んだ「踊Menグランプリ」!

>>2次審査の様子

>>2次審査の通過者

最終審査となる3次審査は東京・大阪の2会場で行なわれ、42名の10代ダンサーが参加しました!

早速その模様を振り返ってみましょう!!

まずはkazukiさん(s**t kingz)プロデュースで、レッスンオーディションの形で3次審査は進みます。
最初は振り写しからスタート!

DSC00006

スピーディでジャジィな邦楽曲に合わせ、s**t kingzらしいニュアンスとキレに特徴ある振り付け。

ここまで勝ち抜いただけあり、雰囲気と実力のあるダンサーばかりだが、こういったスタイルに慣れていないダンサーや、ブレイクダンサーたちはやや苦戦か。
でも、みんな真剣に食らいついていきます!

DSC00029

DSC00047

DSC00011

DSC00013

前半は立ち踊りの振り付けをいかに踊れるかをテストし、後半はフリーで自分の得意ムーブを披露
ここぞとばかりに自分の得意技や、ブレイク技を入れ込んでいきます。

DSC00061

DSC00075

その後は、3〜4人ごとに分け、1人1人のスキルやキャラクターをチェック。
さらに、得意分野やバランスを考えたいくつかグループに分け、何度かダンスをチェックします。

DSC00065

DSC00090

「レベル高いですね」とkazukiさんが言うように、10代の男子ならではの弾けるようなパワーやアピールする力はスゴいです!

ちなみに、大阪でも同じような方法で15名を審査をしました。

IMGA0002

IMGA0010

IMGA0013

さらに東京会場では、ここからISOPPさんも審査に加わり、ブレイクダンサーの細かいスキルや個々の個性をチェックします。DSC00103

「何かダンス以外に得意技はない?」という注文には、エントリー者は次々にアクロバット技を連発。
他にも、ルービックキューブの早業や円周率を早口で言うなど、意外な個性を見せてくれました。

DSC00123

後半では、ISOPPさんによるバトル審査。

DSC00134

DSC00150

DSC00156

フリーで踊ることとは違う、バトルへの対応力や個性を見ていきます。

最後には、ISOPPさんから熱いメッセージが!

DSC00192

DSC00182

DSC00191

自らも、アンダーグラウンド出身のダンサーがどうやってメジャーに上がれるかを経験してきただけに、その難しさや面白さや可能性を熱く語ります。

この話には全エントリー者たちが釘付けに!!

オーディションという意味だけでなく、この日はさまざまな貴重な体験をしたに違いありません。

 

こうして「踊Menグランプリ」審査はすべて終了!

最終の審査発表は12/5(火)
このDANSTREETサイトおよびodomen.jpDANSTREETのツイッターにて!

結果をお楽しみに!!

posted by DANSTREET



  • 〆切迫る!ダンス部&10代ダンサー必見のアプリ!オーディション開催中!