レポート★ダンス部の熱い戦い!MUSIC DAYS 2015東京大会:前編

2015.07.29 HIGH SCHOOL

「音楽」をテーマに、バンドやダンスで頑張っている高校生のためのコンテスト「MUSIC DAYS」の東京予選が7/19に行なわれた。

予選とは言えハイレベル、今のTOKYOのダンス部シーンをリアルに感じられる大会でした!

 

ダンス出場の23チームのパフォーマンスを、1チームごとに紹介していこう!

今回は前編として12チームをご紹介!

 

【union:蒲田女子高校】

緊張のトップバッターは白ニューエラがまぶしい7人組。

しなやかなR&Bから深いヒップホップへ。メリハリが効いたフォーメーションがグッド!

26. union(蒲田女子高校)

 

【チーム二松:二松學舍大附属高校】

ゆるいR&Bからアクセントを効かせたミドルスタイルで、笑顔が印象的。緑のバンダナのせいで、審査員のコメントが「ミドリスタイルの〜」と言い間違え(笑)。

27. チーム二松(二松學舍大附属高校)

 

【KCD:葛飾商業高校】

三味線の音で和装でスタート、エキゾチックな雰囲気から一転、90’sストリートファッションで個性をバラバラに打ち出したスタイルに。軽快なノリと衣装ごとの世界観の変化が見事でした。ちなみに、MCはKENSAKUさん! 出場者を次々にイジり倒し、「KENSAKUワールド」に包んでました!

28. KCD(葛飾商業高校)

 

【TKG DANCE CLUB:多摩科学技術高校】

科学技術高校だからなのか!?他校とはまったく世界観の違う、セーラー服でアニソンダンス! ダンス大会としては異色な「踊ってみた」チームでした!

29. TKG DANCE CLUB(多摩科学技術高校)

 

【vaCuum:武蔵丘高校】

サラーリマンの悲哀と「おつかれ〜!」を描いたストーリー性のあるダンス。ナイスなフォーメーションチェンジやタットがインパクト大!

30. vaCuum(武蔵丘高校)

 

【ASD Girls:荒川商業高校】

展開の違う3曲で構成、和服のカワイさとセクシーさが同居した荒川ガールズでした!

31. ASD Girls(荒川商業高校)

 

【Briskart:高島高校】

ラメ素材のサルエルパンツが目を引く。EDMを中心にした音使いに合わせたフォーメーションや雰囲気の変え方がグッド。男子がいることでのパワー感やアクロバットをアクセントにしてました。

このへんから本格度がアップしてきたかな!?

32. Briskart(高島高校)

 

 

【ReguLu’s:宝仙学園高校 女子部】

マイケル・ジャクソンを意識した衣装。「ハートブレイカー」からリミックス版の「バッド」でスピーディーな展開へ。白い手袋がアクセントになってました(今回の出場者、手袋率多し!)

日本イベントプロデュース協会賞

33. ReguLu's(宝仙学園高校 女子部)

【三田国際学園高校ポップダンス部:三田国際学園高校】

ヘソ出し衣装でハデな1曲使い。アクセントの強いBlock Bのチューンで決めました。インタビューではリーダーが感極まって涙とまらず!

34. 三田国際学園高校ポップダンス部(三田国際学園高校)

 

【SNIPSE:駒沢学園女子高校】

高校生らしいハッピーなノリから、セクシーな展開へ。審査員から体の角度の揃え方についての指摘がありました。審査員から具体的なアドバイスがもらえるのも予選ならでは。

35. SNIPSE(駒沢学園女子高校)

 

【Etoile Dance Club:品川エトワール女子高校】

部員で振り付けを考えたという、ソウルフルな曲でグルーヴィな展開。ドスの効いた曲調をロックダンスとハウスダンスで構成する。赤と白の衣装がパキっと映えてました。

ちなみに、彼女たちはダンスク編集長と一緒にラジオに出たんだよね〜!

36. Etoile Dance Club(品川エトワール女子高校)

 

【キザム時:トキワ松学園高校】

『ダンスク!』で取材させてもらった中高一貫校の高校生。フォーメーションチェンジとスピーディーな展開で目を奪い、緊張感たっぷりでクライマックスへと持って行く。取材の時からの格段の進歩が見れました!

優秀賞

37. キザム時(トキワ松学園高校)

つづきは後半へ〜(近日公開!)



  • 参加費無料!ダンス部のお困りごとをサポートする青少年育成プロジェクト募集開始!