レポート★日本大通りを封鎖して県庁で開催!KANAGAWA全国高等学校ストリートダンスバトル

2015.11.19 HIGH SCHOOL

先日、11/15(日)に開催されたKANAGAWA全国高等学校ストリートダンスバトル

なんと、神奈川県主催の高校ダンス部大会です!

 

同じ高校から複数チームの出場ができるこの大会では、なんと80チーム・600名近いダンサーがエントリー。

予選は、2ブロックに分けて同時進行で行なわれました。

 

ここでは、登録有形文化財である神奈川県庁大会議室で行なわれたBブロックの模様をレポートしよう!

 

1)0:09:東京都立北園高校

寝始まりから寝終わり。ヒョウ柄衣装にリズミカルなヒップホップが印象的。もう少しパワーが欲しいかな?

DSC_0849

 

2)四代目Grand West Crew:神奈川県立大和西高校

男子9人のブレイクチーム。男の子のアイディアと生真面目さを感じさせるチームだね。今後に期待!

DSC_0861

 

3)横浜明朋高校ダンス部:神奈川県立横浜明朋高校

まだ初心者と思えるフレッシュなチーム。自分たちのできることを精一杯やっていて好印象☆

DSC_0867

 

4)Sound’s 8:川崎市立商業高校

赤黒ベースの鮮烈な衣装。大きな声援をパワーにエネルギッシュに踊る。ダンスはシンプルなミドルスクールだが「楽しんで踊る」という意味では100点満点!

DSC_0875

 

5)What’s Up!?:神奈川県立鎌倉高校

フリンジ衣装のかわいい女子チーム。ポニーテールの感じもみんなソックリ。ヒット曲に乗せてかわいらしさ満点のパフォーマンス。普段の仲の良さや練習の楽しさが伝わるね☆

DSC_0880

 

6)Juri’s babies:私立大西学園高校

キレと展開、フォーメーションとコンビネーションが目まぐるしい女子4人。スピード感と気合いで勝負!

DSC_0892

 

7)PRESTO:神奈川県立荏田高校

黒衣装に白手袋でタットからスタート。振り付けもよく考えられた工夫が見られる。アイディアは良いので、もっとダンスに余裕が出てくるとグッド。

DSC_0895

 

8)H’MIES:神奈川県立上溝高校

90’sファッションにミュージック、メンバーも華があって雰囲気バッチリ。リラックスした楽しさとノリも。バランスの良いチームです。

DSC_0904

 

9)STRUGGLE:高木学園女子高校

白黒に分けた大胆な衣装構成で勝負。ダンスは平均的なヒップホップで、衣装の意外性を活かしきれなかったかな?

DSC_0910

 

10)Seize:神奈川県立住吉高校

デニムにキャップに清潔感とスタイリッシュさが。と思いきや、ダンスはキレキレで躍動感たっぷり。音の取り方も素晴らしい。スピード感も構成もメリハリも個性も伺えて、また見たくなるチーム!

DSC_0915

 

11)EIGHT’s:市立横須賀総合高校

今年流行のGジャンに女子らしいジャズヒップホップ。途中、たっぷり時間を取って全員でハットを被ってシーン変え? もう少しその意図が見えると良かったかな。

DSC_0927

 

12)D★Dブルー:埼玉県立大宮東高校

この日初のLOCKチーム。緊張とレベルのバラつきが目立ったけど、初心者が取り組むならやっぱりLOCKだね!と納得。

DSC_0933

 

13)The charter box mini:神奈川県立金井高校

最近のダンスコンテストでヘビロテなブルーノマースの「Uptown Funk」で楽しくLOCKIN! ダメージデニムがクールだね。

DSC_0945

 

14)Scheim:神奈川総合産業産業高校

見るからにヒップホップな男女混合チーム。曲はイカついのに思わずこぼれる笑み。曲とダンスのイメージが合ってないのも、なんか微笑ましいです。

DSC_0951

 

15)Renovation:さいたま私立大宮北高校

男らしさ全快の8人組。ロック、ヒップホップ、ブレイキンと目まぐるしくステップを繰り出し、身体能力とパワーを活かしていく。器用さと力を兼ね備えてる!

DSC_0957

 

16)Margie:海老名市高校

初のジャズをベースにしたチーム。妖艶さと激しさをアギレラの曲に乗せて表現。

DSC_0964

 

17)SPICA:神奈川県立生田高校

しっかりとしたジャズのスキルを軸に、セクシーに妖しげに表現。ターンのキレイさが印象的。

 

18)Chaconars:神奈川県立白山高校

こちらは初心者チーム。精一杯ヒップホップ。自分たちの個性を見つけられるようこれからがんばれ!

DSC_0980

 

20)Sweeties:神奈川県立鎌倉高校

華やかさと衣装の爽やかさがモテ度バツグンのお嬢様チーム。ダンスは発展途上だけど、アイドル性はバツグンだね!

DSC_0993

 

21)Tempcy:神奈川県立横浜緑が丘高校

最小3人チームでの出場。マドンナ「4minute」を使って気合いのパフォーマンス。雰囲気ある〜。

DSC_1007

 

22)Messiah:都立小平南高校

赤ユニフォームに迷彩メイクで戦闘態勢の7人組。ヒットの強さに気迫がみなぎる。

DSC_1013

 

23)Z-ROSES:神奈川県立逗葉高校

迷彩パンツが続くヒップホップチーム。ドープな衣装にオリジナリティのある振り付け。試行錯誤して作ってきた感じが見えます。

DSC_1023

 

24)O’clock:神奈川県立住吉高校

スッキリ衣装がクールでカッコいい4人組。イカついトライバルビートに負けない迫力とパワーが印象的。

DSC_1026

 

25)TK:神奈川県立岸根高校

アニメーション/ポップで挑む男子2人組。ダンス部というよりは、ダンス好きの友達2人でコツコツ練り上げて来た感じ。振り付けもアイディアに溢れていて何度も見たくなる中毒性アリ。

DSC_1031

 

26)Rowdy:神奈川県立伊勢崎清明高校

超ヒップホップな大迫力チーム。パワー、メリハリ、フォーメーション、すべて平均的が高く申し分ナシ!

【決勝進出】

DSC_1038

 

27)ヒナッシュ:神奈川県立秦野高校

ストイックに勝負のロッキン3人組。練習量は感じるが人数が少ないだけにレベルのバラつきが課題か。

DSC_1043

 

28)GRG 4:神奈川県立白山高校

ジャズとパンキングをベースにスタイリッシュに決める。アギレラの曲で、J☆Dee’Zの昔の振り付けをかなり参考にしたみたい?

DSC_1049

 

29)NO LIMIT:神奈川県立鶴見高校

高校ダンス部らしい大所帯ロッキン。レベルはまちまちだが、それを補うチームとしての練習量を感じさせる。

DSC_1055

 

30)+Joker:神奈川県立藤沢清流高校

オリジナル衣装に楽しげな雰囲気がグッド。躍動感と振り付けのアイディアが女子高生らしくて好印象。

DSC_1061

 

31)工業系ダンス部:神奈川工業高校

男子ダンス部と言えば醍醐味はブレイキン。若さとパワーと筋肉がみなぎる。動きの工業系らしい「カタさ」がなんだか微笑ましい熱い6人組

DSC_1067

 

32)AToM:埼玉栄高校

個々の個性とスキルを活かした強力ヒップホップトリオ。ちょっとダンス部レベルではないパフォーマンスに場内が圧倒されてました。

DSC_1073

 

33)Z-ROSES:神奈川県立逗葉高校

まだまだ初心者だけど、チームワークの良さは感じさせます。カジュアル服を衣装に見せる工夫が必要か?!

 

DSC_1096

 

34)上鶴間ダンス部:神奈川県立上鶴間高校

多くのチームが出場している同校からドープでパワフルな女子チーム。体格を活かして迫力で攻める。

【決勝進出】

DSC_1089

 

35)ASSIs:神奈川県立鶴見高校

そろいのトーンで決めた大所帯チーム。クラスでわいわい言いながら作っている楽しさを感じさせます。

DSC_1100

 

36)B・B・Q:神奈川県立白山高校

女の子らしいかわいい手振りの振り付けがアクセントに。もっと表情に色があると華やかになるぞ!

DSC_1105

 

37)T.O.P Rainbone:神奈川県立川崎北高校

大きな声援が、まるで学園祭で盛り上がっているような楽しさに。自分たちのできる動きとステップで構成して、等身大で楽しんでいるところがグッド!

 

38)epoch:神奈川県立厚木清南高校

外人っぽい雰囲気でセクシーで挑発的なジャズヒップホップ。ただ…振り付けや選曲や歌詞には気を使いましょう!

DSC_1112

 

39)black lip!:東京都立翔陽高校

メリハリの効いた、見せ所をわかったジャズチーム。体のセンや細かい動きまで徹底的に練習してきているのが伝わるね。

DSC_1120

 

40)NO DOUBT:さいたま市立大宮北

キレと構成とフォーメーション、衣装すべて文句ナシ。群舞のキモをわかった、素晴らしいチーム。

【決勝進出】

DSC_1128

 

41)神奈川県立逗葉高校

音源トラブルに負けず踊った、最小人数2人組みチーム。

DSC_1139

>>決勝レポートへ



  • ダンスク最新号は話題の登美丘高校を特集!強豪校コーチの本音も必見!