ダンス部訪問★愛知県随一のHIPHOPなダンス部「桜丘高校」

2015.12.20 HIGH SCHOOL

全国大会でも、かなりイカついヒップホップダンスの印象を残す愛知県の強豪校、桜丘高校

そのヒミツを探るため、DANSTREET/ダンスク!編集部は初めて関東を離れて中部地区の高校へ訪問しました!

***************************

校舎はまさに学園な雰囲気。キレイで広くて開放的。

DSC_0258

この日のダンス部は、ピロティである野外での練習だ。

DSC_0123

スペースぎっしりと1、2年生が並ぶ。3年生はすでに引退し、出来たばかりの桜丘中学のダンス部員はまだ授業中だという。

この日、天気はいいものの結構強い風が吹いていたが、部員たちはTシャツ姿でストレッチを開始している。

DSC_0138

その後は筋トレ、とココまでは普通のダンス部にありがちなメニューであるが、桜丘高校はその「強度」が強い!

ひとつひとつの筋トレの時間の掛け方やや負荷が強いのだ。

DSC_0149

DSC_0150

中高のダンス部の大会を見ると、いつも気になるのがフィジカルの弱さ

まだ初心者であったり、部活としての筋トレへの取り組みがあまかったり、原因はいろいろだろうが、逆に強い学校は圧倒的にフィジカルが強い!

簡単なステップ、アップ&ダウンでも、筋肉の力が説得力をもたらす。

ギリギリまで引っぱり、一気に離す。
A地点からB地点までのスピード感や加速度
グルーブ感を作る円運動の正確さ・力強さ、などなど。

この筋トレメニューに桜丘高校の「イカつさ」の動脈があるようだ。

 

続く、アイソレーションも驚きのメニュー。

いま取り組んでいるKRUMPのスタイルを作る、胸や腕や首のヒットを延々に続けていく。しかも、「ファイトー!」とずっと声を出しながら!

DSC_0210

DSC_0311

実はこれが見た目以上にキツい運動らしく、声を出さないと続かないらしいのだ。

DSC_0223

 

「ファイトー!」
「オー!」
「ファイトーー!」
「オーー!!」
「ファイトーーーーー!」
「オーーーーーーー!!!」

 

まるで甲子園を目指す野球部かのような声出しと集中力。
みんな極限まで強いヒットを続け、KRUMPに必要な「ダンス筋」を地道に身につけている。

顧問の先生に聞くと、練習のほとんどは筋トレやアイソレにあてているようで、振り付けを踊るのは最後の30分程度だという。

DSC_0265

 

創部から9年、元ブレイクダンサーである熱血先生の提案で生まれたダンス部だけに、当初は学内からも白い目で見られる部活だったという。

そこで、まずは部員の生活態度や成績、スカートの長さから髪型まで徹底して指導することで、ダンス部の成績も上がり、学内からの見る目も変わって来た。

今では、父兄も地域も応援するような存在となった、桜丘高校の部活を代表するダンス部。

 

「できればダンスやヒップホップの歴史も知ってほしい。その違いが大会でのわずかな差としてステージも現われてくると思うんです」

顧問の熱いダンス愛と部活動が辿って来た9年間、まるでドラマ『スクールウォーズ』さながらの、汗と涙と努力が作り上げて来た。

DSC_0440

先生の熱いブログも要チェック!

 

最後に元気すぎるかけ声を!

 

【桜丘高校ダンス部DATA】
・部員数:87人(3年28人/2年19人/1年36人/中学4人)
・スタイル:ヒップホップ、クランプ、ジャズ、BBOYING(ブレイク)

 

【お知らせ】

全国中高ダンス部向けフリーマガジン
『ダンスク!』第2号 11/16刊行開始!

次号No.3は1/25刊行予定

dansuku02cover_

  • 学校・団体向け:無料購読お申し込みはコチラ
  • 個人向け:購入はコチラ


  • SAM氏推薦の唯一のダンス部入門者、購入できるのはコチラだけ!