レポート★「高校生ライブ MUSIC DAYS 2016 東京大会」バンド部門・ダンス部門 全45チーム写真付きレビュー!!

2016.07.19 HIGH SCHOOL

7月18日海の日。「高校生ライブ MUSIC DAYS 2015 東京大会」が開催されました❗️
バンド部門とダンス部門に分かれ行なわれる、唯一無二の高校生大会✨

small_DSC00083

▲会場にはたくさんのお客さんが応援に駆けつけました❗️✨

small_DSC00068
▲ダンス部向けフリーマガジン「ダンスク!」の最新号を配布させていただきました??

 

大会審査員でもあった「ダンスク!」編集長による、バンド部門22チーム・ダンス部門23チーム全チーム写真付きレビュー❗️❗️❗️

 

まずはバンド部門からスタート??

1)神代高校(Jelly Beans)
トップバッターの緊張感もありながら、フレッシュに楽しくパフォーマンス。間奏のギターのタッピングもがんばってた!

small_DSC00099
small_DSC00104

 

2)小岩高校(シュヴァルツシュヴァイン)
黒づくめの衣装に気合いがみなぎる。刹那的なロックに、太いヴォーカル、各パートのソロをアレンジに組み合わせ、個性をアピール!

small_DSC00116
small_DSC00118

 

3)中央大学杉並高校(みやこし(バンド)りさこ)
【ソニー・ミュージック賞】
アイドルちっくなキャラと、バックビートの効いたリズムが立っているバランスの良い5人組。各楽器の押し引きがアレンジにうまく活かされている。

small_DSC00132
small_DSC00131

 

4)明星高校(Cherry)
大原櫻子「サンキュー」をカバー。本人を意識した安定感のあるヴォーカルを、初々しいながら堅実な演奏が支えた。

small_DSC00147
small_DSC00149

 

5)葛飾総合高校(Libre de Lapin.*。)
「引きずったっていいじゃない」という女子高生のリアルな世界観に、メリハリの効いたアレンジ。世界観を情感的に伝えるボトム感や大きなグルーヴ感があるとなお良いか。

small_DSC00155
small_DSC00157

 

6)駒沢大学高校(DeepRelation)
【優秀賞/ファイナリスト】

のっけから自分たちのワンマンライヴにしてしまうような大迫力の女性ヴォーカリスト。バンドもパワフルなドラムを中心に、音圧とグルーヴ感で攻め、観客を圧倒した。

small_DSC09702
small_DSC09693

 

7)五日市高校(おともだちパンチ)
おとなしい佇まいからは想像もできない暗黒の詞世界と、切り立ったリフ&リズム。リズムのキメとドラムのフレーズの意外性が聴きどころ。

small_DSC09705
small_DSC09708

 

8)桜町高校(Mr.Girl)
期待感たっぷりなイントロから、疾走感溢れるビートに、ハイトーンのヴォーカルが乗っていく。リアルな詞世界が印象的。

small_DSC09722
small_DSC09728

 

9)足立新田高校(Surplus)
【尚美ミュージックカレッジ賞】
各メンバーの個性を引き立たせた5人組。特にキーボード&ヴォーカルの存在感が大きく、彼女を中心にバンドを再構築してみると面白いかも。

small_DSC09739
small_DSC09740

 

10)日野高校(犬塚ヒカリ)
この日唯一のソロはギター弾き語り。凛とした大人っぽい声質で、思春期の微妙な恋心を歌い上げる。

small_DSC09747
small_DSC09744

 

バンド部門1〜23へ>>
バンド部門11〜22へ>>
ダンス部門23〜35へ>>
ダンス部門36〜45へ>>

 

 

【お知らせ】

pocari_1

 

全国中高ダンス部向けフリーマガジン
『ダンスク!』第6号 7/15刊行!

dansuku_062

  • 「ダンスク!」詳細はコチラ
  • 学校・団体向け:無料購読お申し込みはコチラ
  • 個人向け:購入はコチラ

 

 



  • ダンスク最新号は話題の登美丘高校を特集!強豪校コーチの本音も必見!