速報★ビッグクラス優勝は神奈川県川和高校!「ダンススタジアム新人戦東日本大会」全チームレポート#2

2017.03.30 HIGH SCHOOL

スモールクラスに続いて、ダンススタジアム(日本高校ダンス部選手権)春の公式大会「ビッグクラス」の全チームレポート!

service-logo_04

東日本大会、昨年に比べて全体的にとてもレベルアップしてます!

レポート:石原久佳(DANSTREET/ダンスク!)
写真:川崎麻由/渡邊優乃

 

〜ビッグクラス〜

1)八王子高等学校(東京)
華やかなスイングジャズに乗せてビッグクラスらしいパフォーマンス。シンクロやカノン展開の揃い方など、よく練習された様子が伝わる。

800_DSC06715

800_P3292226

 

2)東京都立武蔵丘高等学校
こちらもスイングジャズ的な展開から、ステッキをうまく使ってアクセントを作る。冒頭から、東日本の1年生のレベルアップに関心!

800_DSC06727

800_P3292231

 

3)埼玉県立蕨高等学校
とてもバランスの良いチーム。適度なストリート感に、選曲や衣装のトレンド感、男女の踊り分けなど、初心者チームとしてはお手本にしたい出来。

800_DSC06732

800_P3292235

 

4)神奈川県立大和西高等学校
ヒップホップに怪しさとエキセントリック風味を混ぜて構成。立ち位置の精度を上げると群舞の迫力が見えてくるだろう。

800_DSC06746

800_P3292246

 

5)東京都立葛飾商業高等学校
女性の強さ・美しさ・しなやかさを表現したヒップホップ。構成やフォーメーションも良く、一気に楽しめる。

800_DSC06759

800_P3292249

 

6)武南高等学校(埼玉)
こちらもメリハリの効いた構成とフォーメーションで見せる女性チーム。今年の1年生は本当にレベルが高い。ダンス部の盛り上がりと注目度がそういう状況を作るのだろう。

800_DSC06761

800_P3292255

 

7)神奈川県立市ヶ尾高等学校
蛍光色カツラ系エキセントリック表現チーム(?)。ダンス力は高くはないが、踊らない部分の見せ方・楽しませ方がうまい。

800_DSC06778

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

8)千葉県立松戸国際高等学校
初心者らしいヒップホップチーム。大人数がパラパラと踊っている印象があるので、立ち位置やフォーメーションでの見せ方、踊るテンポの緩急などを工夫したい。

800_DSC06790

800_DSC06792

 

9)日本大学明誠高等学校
これは面白い。よくある警察vs泥棒のストーリーものだけど、両者の対比構造をきちんと振り付けに活かし、スキル不足を補った好例だ。

800_DSC06802

800_P3292274

 

10)東京都立深沢高等学校
今どきヒップホップに定評のあった同校だが、意外に和モノのアプローチでスタート。選曲、ミックス、緩急がうまい。

800_DSC06812

800_DSC06814

 

11〜20)まではコチラ>>
21〜35)まではコチラ>>