レポート★JKダンサーの憧れ!KYOKAが3校合同ワークショップ「ポカリ×ダンスク!ガチDANCEサポート」動画アリ

2017.04.18 HIGH SCHOOL

全国のダンス部をまわったワークショップ企画「ポカリ×ダンスク!ガチDANCEサポート

 

春休みには、大阪で山本高校、久米田高校、大冠高校の強豪校3校合同で開催されました。

講師には、大阪で若手ヒップホップダンサーといえばこの人「KYOKA」です!

先日DANSTREETで掲載したインタビューにある通り、キッズの頃から活躍し、今や世界のバトル大会でも優勝!
躍動感あるダンスとクールなキャラクターで、ティーンダンサーから絶対的な人気を持っています。

DSC_1371

 

 

そしてKYOKAさん、登場するや「ふわ〜!」と抑えめな歓声が起こりました!

DSC_1359

あとから学生に聞いたら、にじみ出るオーラや体の細さや顔の小ささに「同じ人間とは思えない!〜」と驚いていたようです。

 

レッスンはまずリズムトレーニングから。

DSC_1180

ヒップホップのレッスンですから、まずはしっかりリズムをとることが大事です。

ちゃんと音を聴くこと、しっかり大きく動くこと、アクセントを意識すること、などを指示しながらステップやアイソレを応用してきます。

DSC_1185

次に、シンプルなステップをしながら、リズムに合わせて手で上体に触っていく動き。
これだけで、ヒップホップっぽい雰囲気が出るから不思議だよね。

DSC_1253

DSC_1285

逆にいえば、振り付けた決まったステップだけでなく、このアドリブの動きだけでカッコ良く見せれるかがポイントかもしれないね。

 

続いて、ステップを徐々に発展させてターンなどを加えていきます。

DSC_1299

DSC_1265

この辺から、苦戦してくる学生も増えてきました!!

でも、だんだんKYOKAさんのダイナミックなテンションに引っ張られて、みんなのノリが良くなってきました!

DSC_1232

DSC_1225

DSC_1346

 

インタビューにある通り、KYOKAさんが大事にしているのが「シルエット」

ポイントとなる動きをカッコ良くなるように決めること。
どの形が一番カッコいいかを気づくこと。
そうならないならばその原因を考えること。

DSC_1368

良いダンサーはシルエットだけで、誰が踊っているかわかるのだ(マイケル・ジャクソンこそまさに!)

 

さらに、習ったステップをベースに振り付けをつけていきます。

DSC_1358

DSC_1235

 

繰り返し繰り返し、KYOKAさんの動きを真似ながら、大きく!激しく!リズミカルに!

最後は、学校ごとに披露し合ってフィニッシュ!

DSC_1426

DSC_1436

まだ寒さが残る季節だったけど、終わった頃には汗だっくだく!

DSC_1273

おなじみのポカリとタオルのプレゼントがあって…

DSC_1507

みんなで記念撮影!!!

DSC_1519 (1)

DSC_1509

DSC_1482

DSC_1497

そして最後には、世界で戦うKYOKAさんに質問会!

DSC_1439

「ダンスを始めたきっかけは?」
「カッコ良く踊るには?」
「バトルで勝つには?」

DSC_1446 (1)

DSC_1523

…などなど、いろんな質問が出ましたよ!(Tシャツに全員サイン会も!)

 

コチラのダイジェスト動画にまとまってますので、ぜひ見てみてね!

そのオーラとカッコ良さは動画でチェックしてみてください!

posted by DANSTREET

 

【お知らせ】

※「ガチDANCEサポー」は現在、キャンセル分の「ISOPP」のみ募集中です! 未経験者向けの訪問レッスン(小・中学生も可)、ブレイクダンス向けのスキルアップレッスン、ブレイクに限らず自分たちのダンスをより良く見せる秘訣など、要望に応じてレッスン内容を決められますので、興味のある方はinfo@d-s-k.jpまで!!



  • 参加費無料!ダンス部のお困りごとをサポートする青少年育成プロジェクト募集開始!