速報★DCC優勝は登美丘高校!絶対王者の勢いにケツカッチンはナッシング!出場全36チームを写真入りレポート!

2017.08.07 HIGH SCHOOL

夏のダンス部メジャー大会のひとつであるDCC(全国高等学校ダンス部選手権)が今年も開催です!

今年は、昨年までの場所から会場を移して、東京世田谷区の昭和大学人見記念講堂にて開催されました。

全国大会だけに、各地から強豪校が駆けつけ、ハイレベルな争いとなりました!

 

漢字二文字のテーマ表現が審査対象の1つとなるこの大会、DANSTREET/ダンスク編集長がFINALの審査員として参加しつつ、全チームの演技をレポートします!

 

レポート:DANSTREET/ダンスク編集長:石原久佳

Aブロック〜

A-1東京都立荒川商業高等学校
昼夜(オンナ)

笑顔のまぶしい男女役に分けたラブロマンスもの。ストーリー性や場面ごとの表情替えも素晴らしい。ダンス全体に、もっとスイング感を意識できると尚良いだろう。

170806_DCC_00734 2
170806_DCC_00775

 

A-2)大阪市立汎愛高等学校
黒鰐(クロコダイル)

爬虫類の質感をテーマにしたかのようなシンクロ率の高いダンス。衣装も細部に凝っていて演出効果をあげている。

170806_DCC_00839 2
170806_DCC_00877

 

A-3)日出高等学校(東京)
和踊(マイ)

進境著しいダンス部のひとつ。チーム力が高く、アクセントで挿入されるアクロバットも効いている。構成(特に後半)も良いが、いま一つコンセプトの見えにくい衣装は一考の余地有りか。

170806_DCC_00897 2
170806_DCC_00940

 

A-4)桜丘高等学校(愛知)
鼓動(ビート)

ダンス部には珍しいクルー感のあるB-BOYS。大技に頼ることなく、曲に乗せたフットワークからの流れやスピード感のある構成や組技など、カルチャー感が気持ちのよい作品に仕上がっている。
170806_DCC_00986 2 170806_DCC_01051 2

 

A-5)奈良県立法隆寺国際高等学校
撫舞(ナデシコ)

名(学校名)は体を表すような、和の衣装と作風。目まぐるしいフォーメーションチェンジで繰り出していく各場面が、不思議と和の美しさとシンクロしていくようで、自然な和のダンス世界を作り出している。

170806_DCC_01100 2
170806_DCC_01116

 

A-6)大阪産業大学附属高等学校
爆族(ボンバー)

ノリを深く重く意識したヒップホップ。ユニゾン力もチームワークも高いのだが、やや音の取り方が単調なので、選曲やノリ方をもうひとつ工夫したい。

170806_DCC_01165 2
170806_DCC_01193

 

A-7)明照学園樹徳高等学校(群馬)
体操(タイソウ)

ラジオ体操がいつの間にかイケてるヒップホップへチェンジ。ツボを得た音取りも表情作りも良い。

【決勝進出】
170806_DCC_01260 2 170806_DCC_01332 2

 

A-8)東京都立狛江高等学校
黒蝶(コクチョウ)

一瞬で世界観を伝える序盤の作り方から、集中力と統制を見せつつ展開する中盤、自由度の高い芸術表現へと放たれる終盤まで、観客を引き込む力に満ちた感動作品。

【決勝進出】
170806_DCC_01340 2 170806_DCC_01348 2

 

A-9)北九州市立高等学校(福岡)
鈴席(チャイムセキ)

前回優勝の九州の雄。アニメーション/ポップをエンターテインメントに昇華する唯一無比のアプローチでインパクトを残す。構成やサプライズもお見事!

【決勝進出】
170806_DCC_01451 2 170806_DCC_04508 2

 

Bブロック〜

B-1)さいたま市立大宮西高等学校(埼玉)
疾走(シッソウ)

埼玉のヒップホップ強豪校。ヒップホップに必要な、キレ、パワー、ヒット、フロウ、グルーヴなどをよく理解して鍛えられている。さすが、入部にオーディションがあるというストイックの賜物がステージに出ている。

170806_DCC_01490 2
170806_DCC_01522

 

B-2)東京都立鷺宮高等学校
狂胴(トルソー)

昨年とは打って変わって、シリアス&ダークな作風。センターの男子部員の存在が効いている。
170806_DCC_01584 2 170806_DCC_01676 2

 

B-3)京都文教高等学校
晴天(ハレソラ)

ストリートジャズ1曲使いに乗せたキレ味が関西らしい。ダンスジャンルの幅の広さも見せつけ、後半はロックダンスで疾走する。チームダンスの魅力に詰まった作品。

170806_DCC_01685 2
170806_DCC_01759

 

B-4)武南高等学校(埼玉)
道化(ピエロ)

レトロ&コミカルな曲に乗せた楽しいアプローチ。ピエロメイクに満面の笑みを乗せて、だんだんと全員が同じ人間に思えてくるから面白い。

170806_DCC_01827 170806_DCC_01850 2

 

B-5)三重高等学校
驀地(マッシグラ)

これぞ関西オールドスクールダンスの醍醐味と言える圧倒的なダンス力。王道の動きやステップと音取りの的確さだけでここまで見せ切ることができるという良いお手本。和との融合も素晴らしく、場内から大きな拍手喝采を浴びた。

【決勝進出】

170806_DCC_01909 170806_DCC_04979

 

B-6)大阪府立柴島高等学校
騒魂(ソウコン)

まず基礎力が非常に高い。しっかりと下半身と体の軸で踊らせているからこそのグルーヴ感。男女の使い分けもうまくアクセントにしている。
170806_DCC_02002 2 170806_DCC_02095 2

 

B-7)千葉県立松戸六実高等学校
黒蝶(コクチョウ)

しなやかさと流れがうまく表現されたリリカルなジャズから、強いビート感のダンスへ変化し、意外性のある構成へ。序盤のムードをもっと大事にしても良かったか。

170806_DCC_02150 2
170806_DCC_02195

 

B-8)山村学園高等学校
正義(ヒーロー)

正義のヒーローvs悪役という対決構造を構成とエンタメ性に活かした作品。同校特有のユニゾン力や身体能力を活かして、しっかりとダンスも見せる。

【決勝進出】

170806_DCC_04612 170806_DCC_04660

 

B-9)東野高等学校
龍鼓(ドラゴンビート)

前回準優勝校は、テーマ性の表現や作品や振り付けのオリジナリティではひとつ抜きん出ている。後半のスピード展開を可能にするチーム力と練習量には脱帽。

【決勝進出】

170806_DCC_02373 2
170806_DCC_04719

 

>>C/Dブロック・決勝・総評へ



  • ダンス部&10代ダンサー必見のアプリ!オーディション開催中!