速報★ビッグクラス優勝は山村国際高校!「ダンススタジアム新人戦東日本大会」全60チーム写真付きレポート#2

2018.03.31 HIGH SCHOOL

昨日のスモールクラスに続いて、ビッグクラスの全チームレポートです。

こちらに力を入れてくる学校も多いので、今年もハイレベルな争いが見れそう。

ちなみに昨年の順位は…
優勝:神奈川県立川和高等学校
準優勝:千葉県立幕張総合高等学校
3位:千葉敬愛高等学校
という結果。
>>昨年の全チームレポートはコチラ

昨年の出場35チームから一気に60チームに増えました!

早速各校のパフォーマンスを辛口アドバイス含めて見ていきましょう!

(DANSTREET/ダンスク!編集長:石原久佳)

 

1)東京都立向丘高等学校
初めての大会出場というフレッシュなチーム。目隠しをした意味深なコンセプトで、トレンドに乗ったダンスを披露。スキルはまだ伸び代があるが、方向性は素晴らしい。

SEN_2346

SEN_2349

 

2)埼玉県立新座高等学校
下半身でしっかり踏みしめてのイカついヒップホップ。動きが止まった時の力強さが出ると、よりメリハリが出るだろう。成長に期待したいチーム。

SEN_2357

SEN_2359

 

3)宮城県古川工業高等学校
音数を抑えた曲で、ステップの音が聴こえるぐらい気合いの入ったステップ。逆に中盤からは音圧に負けてしまった感があるので、これからパワーアップに務めたいところ。

SEN_2362

SEN_2368

 

4)東京都立武蔵丘高等学校
自由な発想が面白い同校はオタクでアグレッシブなコンセプト。振り付けの独創性やフォーメーション展開が面白く、非常にバランスが良いエンタメ作品だ。
【優秀賞】

SEN_2374

SEN_2379

 

5)神奈川県立川和高等学校
こちらも毎回コンセプトが面白い個性派ダンス部。体を大きく使った非ダンス的な動きやフォーメーションが独特。今後は、これに加えてダンス的な安定感やグルーヴを出していくのが課題だろう。
【優秀賞】

SEN_2382

SEN_2388

 

6)専修大学附属高等学校(東京)
ハウスで勝負する常連校。やや抑え気味にした難しいアプローチだが、新人なりに踊り切っていた。ハウスでは難しい展開やメリハリをどう出すかが課題か。
ストリートダンス協会賞】

SEN_2393

SEN_2397

 

7)東京都立杉並高等学校
水曜日のカンパネラに音ハメした面白いコンセプト作品。終盤のジャズ表現への展開も意外で、スキルが高まればもっと説得力が増すだろう。
【ベストインパクト賞】

SEN_2402

SEN_2405

 

8)東京都立深沢高等学校
男女のバランスが良いヒップホップチーム。表情やフィジカルの弱さとスキルのバラつきを改善するのがポイントだろう。

SEN_2411

SEN_2418

 

9)神奈川県立鎌倉高等学校
ストーリー性と意外性を押し出したエンタメ作品。キラキラなベストと楽曲が1年生らしいイメージで好感が持てる。展開にやや不自然さがあったか。

SEN_2419

SEN_2424

 

10)横浜市立金沢高等学校(神奈川)
アイドルから戦国時代へ(?)これまた意外性のある展開で見せる。アイディアは面白いが、衣装と音のイメージの相性には気を配りたい。

SEN_2427

SEN_2434

 

11)千葉県立市川昴高等学校
作業員とセクシー系女子(?)という2極に分かれた編成だが、一丸になった時のチーム力が高く、練習のあとが見て取れる。直後の終了合図は不要だろう。

SEN_2450

SEN_2444

 

12)埼玉県立伊奈学園総合高等学校
しなやかさとキレでグルーヴを表現するスタイリッシュなチーム。ややスキルのバラつきと体力不足を感じるので、今後はそのへんを強化してほしいところ。

SEN_2455

SEN_2463

 

13)聖望学園高等学校(埼玉)
高いユニゾン度を武器に淡々とステップを繰り出す。ペースチェンジやアクセントを取り入れるとより作品として伝わってくるだろう。

SEN_2467

SEN_2471

 

14)横須賀市立横須賀総合高等学校(神奈川)
カラフルなオールディーズ女子にスタイリッシュな紳士たちが表情豊かに絡む。展開がブツ切れになっているので、今後は作り方を一考したい。

SEN_2476

SEN_2485

 

15)東京都立狛江高等学校
王者の余裕とでも言うべき大胆な衣装だが、圧倒的なシンクロ率と緩急自在のフォーメーションコントロールで観客を引き込む。さらに進化した作風を見せてくれた。
【準優勝】

SEN_2489

SEN_2498

 

16)八王子高等学校(東京)
こちらも続いて、高いシンクロ率と多彩なフォーメーション展開。ブルーノマース~マイケルと曲選にもメジャー感があって、会場を沸かせていた。

SEN_2505

SEN_2510

 

17)安田学園高等学校(東京)
続いてクリス・ブラウン~LMFAOとベタに盛り上がれる曲でフレッシュなヒップホップ。新人らしくダンスを楽しむ姿勢が好感度高い。

SEN_2514

SEN_2516

 

18)神奈川県立上矢部高等学校
クセのありすぎる振り付けとメイクと無表情。ぜひこの路線を突き詰めていってほしい。

SEN_2521

SEN_2532

 

19)桐光学園高等学校
これは圧倒的!赤金黒のステージ映えする衣装に高いシンクロ率、予測できないフォーメーション展開。何より下半身でしっかり踊る意識が素晴らしい。
【優秀賞】

SEN_2541

SEN_2542

 

20)神奈川県立鶴見高等学校
衣装のセンスが良いだけに、下を向いた無表情がもったいない。無表情と無機質の違いを研究してみよう。個々が全体の動きのイメージを共有できると群舞としての見え方が変わってくるだろう。

SEN_2551

SEN_2552

>>つづく21〜40チームへ

>>TOPジャズダンサーMIWAの無料ワークショップ受付中!
>>4×8踊って全員参加賞「フォーエイトDANCEチャレンジ」開催中!



  • 強豪ダンス部コーチがキミたちの練習法を改革!