連載★後から引かれるスタートライン〜 狛江高校ダンス部コーチASUKA Yazawaの連載コラム「ホンネとオモイ」#03

2018.04.05 HIGH SCHOOL

#03:後から引かれるスタートライン

DSC07076-14 のコピー_2 のコピーC)hyacco

ダンス部に所属する皆さん、こんにちは!

狛江高校ダンス部コーチのASUKAです。

年度末の大会も幕を閉じ、新年度が始まりましたね。

高校部活のコーチをしていると、それまでの「1年生」を「2年生」、「2年生」を「3年生」と呼ぶようになったり、今年は新入生が何人入部してきそうだという話が出たりと、また新たな「スタート」に立ったのだなと感じます。

その都度私は、この道に進んだ「スタート」を振り返ります。

私がダンス関連の仕事に就きたいと言葉にするようになったのは、小学校6年生の頃です。
それまでの夢はというと、コロコロ変わっていたのか、正直あまり記憶にありません。

余談ですが、幼稚園の頃は「ポケモンマスターになりたい」と現実からかけ離れた夢を持っていたくらいです(笑)。

そんな私の初めての揺るぎない夢が「ダンスの先生になりたい」という夢でした。

私の出身小学校の卒業式は少し変わっていて、1人1人名前を呼ばれてから、卒業証書を受け取る前に、舞台上でそれぞれの将来の夢を一言語りました。

私はそこで「ダンスの先生になってダンスの楽しさを伝えたいです」と声を大にして言いました。
もう15年くらい前のことですが、セリフ丸ごと今でも覚えています。

unnamed
▲筆者、小学生時代のステージ写真

その後の中学・高校では、「ダンサーになりたい」と言葉の形を変えても、ダンスに関わる仕事に就きたい気持ちはずっと変わらず。

何がそんなにダンスに対する思いを強くしたのか、実はあまり心当たりはありません。

とにかくダンスをすることがいつの間にか、私の中では当たり前のことになりすぎて、それ以外の選択肢を考えることができなかったのです。

一緒にダンサーを目指すのだと思っていた友達も何人もいましたが、少しずつその道から離脱していきました。

ダンスは趣味にしていたいと言っていたり、他に夢中なことができたり、また他の夢を描き始めたり、理由は様々です。

その中でも私は、世界の広さも何も知らないのをいいことに、ただひたすらにその旗を目指してきました。

しかし、その一点しか見えない私の世界が少し広がった機会もありました。
いよいよ進路を決めるのだと、大学受験を控えた時のことです。

私はそこで他の物事が見えるようになりました。
その時はダンス以外の可能性をたくさん考えました。
そして、もうひとつ夢が浮かび上がりました。

昔持っていた「幼稚園の先生になりたい」という夢でした。

ただ「まだどちらかに夢を絞る必要はない」と思い、私はひとまず大学に進学して、ダンスをしながら教員免許を取得することに決めたのです。

入学してからは、教育学を学びながら、徐々にダンスの仕事も少しずつ経験させていただくようになり、ちょうどその頃から狛江高校ダンス部の指導も始めました。

そのようにふたつの夢に向き合いながら、やりたいことが明確になっていきました。
やっぱりダンスだったのです。
私がダンスの道に進むと決意して両親に話したのは、ちょうど20歳になる頃でした。

そして今、学生時代にずっと描いてきた夢は、大きく叶いました。

これが私の今までの道筋であり、ここまで来れた「スタート地点」です。

そこに何か感動する特別なエピソードがあるわけではありません。

私の中ではこれまで小さな「スタート」がたくさんあって、知らない間に大きく「スタートライン」
を切っていました。

だから、皆さんにとっての「スタート」も、きっと自然にもう始まっているのだと思います。

それは今「こうだからこう」と頭でわかるものばかりではなくて、後から確信することというのは思っているよりも多いです。

親や先生からいろんなことを言われて、「うるさいなぁ」と思っていたことが、後からわかる感覚と同じですね。

そんな「スタート」の瞬間は今この時もたくさん秘めていて、きっと後から自分でそこに「スタートライン」を引きに行くのだと私は思います。

だから今は、自分の「気持ちいい」心地よさと、そうならない違和感を大切にして、自分の未来を楽しみにしてくださいね。

今年度もたくさんの「スタート」を切っていきましょう!

ASUKA Yazawa

(つづく)

#01:コンフォートゾーン?!
#02:ヒラメキは心が動く瞬間



  • 5/15刊行:ダンスク初の「音」徹底特集!