まとめ★星野源からブルーノ、プレスリーまで〜歌も楽器も作曲もダンスもこなすマルチアーティスト

2017.02.22 MUSIC

最近は、アーティストのMVでも踊ってるもの多いですよね〜

特に、アーティスト本人が踊っているパターン。

 

 

最近ではやっぱり星野源」??

maxresdefault

小さい頃から、マイケルジャクソンの真似をしていただけあって、キャッチーな振り付けを器用にこなします✨

彼はライブでも、がっつりは踊らないけど、飛んだり跳ねたり煽ったり、そのステージングは見ていて飽きませんね?!

news_201603221838_650_433

しかも、彼は作詞作曲、ギターなどの楽器演奏、さらには俳優執筆などもこなすマルチアーティストなのです!!!!!

天は二物を……とか言うけどできる人はなんでもこなしちゃうんですね?!

 

 

他に、ダンスも楽器もこなしちゃうアーティストというと…

三浦大知!!

25042123_26442

最近は、自ら振り付けした本格的ダンスを全面に押し出したテレビ出演やMVが多いけれど、ライヴではギターやピアノの弾き語りやドラムも披露します。

news_header_20151113-AAAB9193

なんでも昔、怪我をして入院中にギターを覚えてしまったとか。

 

 

あとベテランでは、岡村靖幸さんも、楽器・作曲・ダンスをハイレベルこなすレジェンドな人です☺✨

特にダンスは、振り付けというよりも、その場のパッションや直感で感応的に動く踊りだから、見ていて本当にスリリングで刺激的⚡!

LSA3206_s

和製プリンスと呼ばれた岡村ちゃんのダンサブルなステージ。出ているダンサーさんも大人のカッコ良さ!

 

 

 

ダンス楽器演奏って、なかなか両方こなせる人はいないもので、ダンスは皆でワイワイ覚えるものだけど、楽器や一人黙々と地道な努力が必要(>_<)

 

人間のタイプって、どっちかのタイプに分類されるものだから、なかなかそのマルチプレイヤーって出ないんだけど、大知くんや岡村さんは、その性格の両面を持っている、プラス、いろんなスキルへの興味や努力がつきない、プラス、それらを融合させた表現を実現させるセンスを持っているのだ?!!!

 

 

そんなセンスの巨大な持ち主として、彼らの絶対的憧れの存在であるのはやっぱり、

マイケル・ジャクソン

King of POPだね✨✨!

blog_import_4e655c9db24ea

プロダンサーもうらやむマイケルの超絶アニメーションダンス!

 

 

マイケルは実は楽器ができないんだけど(子供の頃からまわりで伴奏してくれる大人がいたからという理由)、自ら作詞作曲アレンジをしていくつもの名曲を生み出しています。

brad-sundberg-in-the-studio-with-michael-jackson-1

そして、驚くのが作曲やアレンジをする段階で、すでにダンスのイメージが出来あがっていたというのだ。あるいはダンスのイメージが先行していて、それに合った曲を作ることもあったという。

曲先でもなく、詞先でもなく、ダンス先なのだ!!

 

だから、あの曲とリズムとダンスが気持ち良く融合したパフォーマンスが出来上がるんだね??!!

 

 

他にダンスも作曲でもできるシンガーといえば、クリス・ブラウンアッシャーニーヨジェイケイ(ジャミロクワイ)ビヨンセジャスティン・ティンバーレイクなどなど。

一世を風靡したジャミロクワイの「動く床ダンス」!

 

 

 

特にブルーノ・マースは、歌・ダンス・作曲に加えて、ギター、ベース、ピアノ、ドラムなど、ほとんどの楽器をこなす、現代を代表する全方位型マルチアーティスト??

uptown-funk-flash-mob-4_theotherpress-ca

 

彼らほどダンスはできないけど、歴代で偉大なシンガーっていうのは、みんな身のこなしが本当にカッコいいです??

 

日本では、矢沢永吉稲葉浩志(B’z)などのベテランから、海外大御所ではエルヴィス・プレスリーデヴィッド・ボウイフレディ・マーキュリー(Queen)プリンスなどなど、楽器を持たない時のカッコ良さはロックボーカリストの必須条件と言えるよね?!!

 

jailhouse-rock-1957-001-00n-84m-elvis-presley-dancing-prisoners-1000x750

 

というところで、話を「まとめ」ますと…

これからの時代、ダンスだけ・楽器だけ、ではなく両方をマルチにこなせるアーティストがどんどん出てくると思うのです!

 

ダンサーが楽器をやることによって、音楽やアレンジの構造を学び、ミュージシャンがダンスをやることによって、肉体的に反応する音楽を作り出す。

 

新しい世代の君たちには、ダンスや楽器や、ロックやヒップホップなどの間の「垣根」がないはずだから、どんどん欲を出して、どんどんいろんなものに挑戦してほしいです!

 

 

そんな人にぴったりなオーディションが

WHO’S THE STAR?!
WEFUNK AUDITION

〜君の歌で、踊り出す!〜

DANSTREETバナー

生バンドで踊るイベントシリーズWEFUNKのレギュラーバンドが、新しいシンガーとパフォーマーを募集しています??!

ダンサーと一緒に歌いたいシンガー、歌と楽器と新しいパフォーマンスを作りたいダンサー、ぜひこの機会に新しいフィールドに挑戦してみてください!

 

締め切りは、2月28日(火)!

エントリーいそげ〜〜〜!

エントリーはコチラ>>

 

 

 

 



  • SAM氏推薦の唯一のダンス部入門者、購入できるのはコチラだけ!