レポート★日本ポップカルチャーの祭典“もしフェス”出演者「ダンス力」CHECK!!!

2015.11.13 OTHERS

きゃりーぱみゅぱみゅを始めとする、新しい日本のポップカルチャーを世界へ発信する一大イベント「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO」(以下:もしフェス)が、11月6日(金)〜8日(日)の3日間、東京体育館にて開催された!

_AYT9514

_AYT9596

KASC3934

SME_2685

ポップアーティスト、アイドル、アニメ界から、さまざまなアクトが出演した「もしフェス」だが、ここではDANSTREET的に出演者の「ダンス力」にフィーチャーしてレポートしていこう!

 

【May’n】

MN1_3769

初日は「MOSHI ANI」というアニソンアーティスト中心のラインナップ。

マクロスなどのテーマソングでおなじみの「May’n」は、すでに世界レベルでツアーを行なう、大物アニソン系アーティストだ。

 

活動開始当初から積極的にダンサーをステージに導入し、そのクオリティも非常に高い! アニソン系アーティストのステージレベルを一気に底上げしてしまった彼女のパフォーマンスはこの日も圧巻!

アニソン系アーティストと言えど、歌もダンスも本格派。だからこそ、アニメの力と一緒に世界へ回っていくのだ。

 

 

【Cheeky Parade】

IMG_0029

ノリノリに乗ってるアイドルグループ「チキパ」ことCheeky Parade。

実はDANSTREET的にも縁が深いメンバーがいて、彼女たちはキッズの頃からかなり目立っていたダンサーだったのだ。

 

アイドル界のなかでも、ダンス・歌・トークすべて本格派。「アーティスト」と言っても全く差し支えない、というか、そういう言葉すらどうでも良くなるぐらい、チキパのパフォーマンスは観客の心に刺さってくる。

 

アイドルに偏見を持つ人こそ見てほしいグループ!

 

【新しい学校のリーダーズ】

UNO27026

KASC1874

 

こちらもDANSTREETと縁が深い、新人グループ。

GoogleのCMでもチラリ出てるよねー。メンバーのRINも防弾少年団のダンスバトルに参戦中!

グループ名の通り、全く新しいコンセプトで挑んでいるこの新人グループだが、マチガイナイのがダンス力。

全員がキッズの頃から培ったスキルで、ガンガンと盛り上げます。まだ新人だから怖いもの知らず?!

この勢いで新しい時代のリーダーとなるか?!

 

【TEMPURA KIDZ】

KASC2695

MN1_5987

先輩格としては負けてられない、アソビシステムのキレキレダンスグループと言えば「テンプラ」。最近はアジアやヨーロッパでウケていたり、1stアルバムをリリースしました!

もしフェスでは、さまざまなステージでコラボパフォーマンスも。相変わらずキレキレに働きますね〜。

歌に安定感と踊りにさらにパワーも出て来た、テンプラの2016年は期待で来そうだぞ〜!

 

【WORLD ORDER】

MN1_8844

MN1_8878

やはり「ダンス力」で言えば、このチームが抜きん出ていました!

須藤元気率いるWORLD ORDER=世界秩序です。

ただ、なんと須藤元気は新曲「THE NEXT PHASE」をもって、MVなどの出演はせずにプロデュース業に専念するとのことだが、この日のライブでは英語のMCも交えて、外人の多い観客を盛り上げてくれた!

 

やはり、世界中で活動しているだけ、大きなステージの使い方がうまい

細かいムーブやステップで見せるのではなく、フォーメーションの動きや、チーム全体を一個体として見せる振り付けがバツグン。

 

スーツにメガネ姿で、悲しみと喜びが混ざり合うような独特の楽曲メロディ。

日本人の海外から見たイメージを自嘲的にパフォーマンスするWORLD ORDERだが、やはり外国人観客からの反応が目立つ。

「SO COOL!!」と、まさにこの日の「MOSHI COOL」のテーマに相応しい、アートでポップでグローバルなパフォーマンスでした。

 

posted by DANSTREET

 

 

 

 



  • 『ダンスク!』第12号7/15より全国ダンス部へ配布開始!