注目★筋肉痛とカラダの硬さをコリコリ退治!ダンサーに嬉しいカラフルグッズが話題!

2016.04.06 OTHERS

みなさん「筋膜(きんまく)」って知ってます?

 

耳慣れない言葉かもしれないけど、文字通り「筋肉の膜」のコトで、筋肉を包んでいる薄い膜なのだ。

20150918_training02-300x274

膜とは言えど「第二の骨格」と呼ばれる重要な繊維で、骨と内蔵と筋肉をくっつけて、それぞれを正確な位置にキープする役目を持っているのだ。

 

ただ、難点としては「カタまりやすい」ところ。

長時間同じ姿勢を保っていたり、身体の一部分に負荷をかける動きをし続けると「筋膜」は硬くなって、縮んだり引きつったりしてしまう。

 

イメージで言うと、カラダにぴったりと着た全身タイツが部分的に縮んでいて、バランスが崩れてしまう状態だね。

DNSK_kenko_160226

このままでいると、肩こりや腰痛や冷え性などにつながりやすい

 

また、カラダの柔軟性にも影響してくるから、やわらかさとしなやかさが命のダンサーにも重要な問題なのだ。

 

一時的なマッサージでコリをほぐしたり、ストレッチで柔らかくしたとしても、この「芯」の部分である「筋膜」をほぐす=リリースしないと根幹治療にはなっていない、というコトだね!

 

この筋膜リリースには専門的な施術もあるんだけど、学生が高い施術代をコンスタントに払い続けるのは難しい。

 

というところで、最近話題のカワイイGOODSが

「インフィ/フォームローラー」だ。

DSC_6407

使い方はカンタン!

「凝ってるな〜」とか「筋肉痛だな〜」って箇所にコレをあててゴリゴリと動かすだけ。

 

座りながら、テレビ見ながら、スマホ見ながらでもOK!

DSC_6327

(モデル:RUKA)

 

うまくやるコツとしては…

*深呼吸をしながらやる

*筋膜に到達するようなイメージでやる

*毎日2〜3回ずつ、1日3〜4セットやる

 

ね!カンタンでしょ?!

 

若いみんなは、まだ「肩こり」なんてないだろうから、ここでは「筋肉痛予防」「カラダの柔軟性UP」に絞って使い方を教えよう!

 

モデルはDANSTREETでおなじみのRUKA。

DSC_6294

▲ふとももからヒザ裏をコリコリします。これだけで、前屈の深さが変わる程カラダが柔らかくなるのです!

 

DSC_6299

▲オモテ側もじっくり。筋肉痛予防にもなるよ!

 

DSC_6301

▲モモの側面もコリコリ。ダンサーはココがハリやすい!

 

 

DSC_6303

▲肩甲骨をほぐしています。コレだけで可動域が広がって、しなやかな動きに!

 

 

DSC_6307

▲カベを使えば、アキレス腱〜ハムストリングものばせるよ。

 

DSC_6310

▲腕をブンブンまわすパンキングなんかは、腕が張るよねー。テレビ見ながらコリコリ。

 

DSC_6311

▲コチラも「ながらコリコリ」。オシリの筋肉をほぐしています!

 

他にも使い方はたくさん!

それをわかりやすく解説した動画があるので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

インフィ/フォームローラー

  • 販売店:東急ハンズ、ロフト、ウォッシュマンズ、ヴィクトリアの全国のお店で
  • お問い合わせ:株式会社ジュート
[PR]

 

posted by DANSTREET



  • 『ダンスク!』第12号7/15より全国ダンス部へ配布開始!