速報★中学生ダンサーもがんばる!日本中学校ダンス部選手権〜ダンススタジアム

2016.08.28 OTHERS

日本高校ダンス部選手権の興奮も覚めやらないなか、夏休み最後に行なわれた日本中学校ダンス部選手権〜ダンススタジアム。

th_DSC04385

th_DSC04393

第5回を迎えた本大会だが、まだまだ中学生部活ダンサーの数が少ないことや、大会参加へのハードルが高いことから、なかなか高校ほどは出場校が伸び悩んでいるとのこと。

ただ、そのパフォーマンスの質は徐々に向上しており、数年後には高校ダンスの盛り上がりに劣らない状況が見えてくるはずだ。

20160828_111334

この日の出場校は、常連校と言える学校が多く、中高一貫でダンス部が盛んな私立も目立つ。

 

それでは、各校のパフォーマンスを見ていこう!

 

01:桜丘中学校(愛知)
愛知の強豪校から最小2人組チーム。大きくゆったり踊る意識ダンスを楽しむ気持ちが表われていた。余裕があるなら、コンビネーションやソロなども見たかった。

th_DSC04468

th_DSC04477

 

02:豊島岡女子学園中学校(東京)
オリンピック閉会式を思わせるマリオネタで楽しくロッキン。後半はビートを効かせて強めのダンスへ展開する。円形ステージをうまく使ったフォーメーションと溢れる笑顔が印象的。

th_DSC04484

th_DSC04488

 

03:同志社香里中学校(大阪)
昨年の優勝校は、クールに押さえたポップからファンキーなロッキンへ展開。動きのダイナミクスとシンクロ率は相変わらず超中学生レベル。
【準優勝】

th_DSC04498

th_DSC04508

 

04:横浜市立茅ヶ崎中学校(神奈川)
女学生スタイルに「み〜いつけたぁ〜」とオカルト世界観を盛り込んで、ステップの音が聴こえるぐらいのパワフルなユニゾンで押しまくる。
【審査員特別賞】

th_DSC04510

th_DSC04513

 

05:明治大学付属明治中学校(東京)
オールディーズな音楽と衣装で、まるでテーマパークのステージのような華やかさを表現。中盤のカノンの展開がハッとして印象的。

th_DSC04528

th_DSC04531

 

06:荒川区立第七中学校(東京)
ストリート押しの大所帯チーム。スキルにバラつきはあるが、それが逆にラフさや個性につながっていて、チームとして独特の雰囲気を作っていた。

th_DSC04544

th_DSC04546

 

07:桐光学園中学校(神奈川)
イカついストリート系チームが続く。キャップにスタジャンに迷彩パンツと、衣装のスタイリッシュさが印象に残る。

th_DSC04553

th_DSC04556

 

08:トキワ松学園中学校(東京)
地理の授業で学んだというアフリカの世界観をダンスで再現。生命の息吹を感じさせるエネルギッシュなパフォーマンス。

th_DSC04566

th_DSC04576

 

09:和歌山市立西浜中学校(和歌山)
囚人×看守というネタでストーリーを表現。パワフルに見せるユニゾンと、対決構造で見せる絡みなど、わかりやすい構成。

th_DSC04590

th_DSC04592

 

10:三重中学校(三重)
Tシャツに体操着というスタイルで楽しくロックダンス。学校教育に導入されたダンスのリアルな姿を見るようで、ダンスの裾野の広がりを感じさせた。

th_DSC04595

th_DSC04603

 

11:広尾学園中学校(東京)
精力的に大会へ参加する広尾学園は、高校でも定評のあるセクシーでメリハリのあるダンススタイル。

th_DSC04626

th_DSC04630

 

12:板橋区立板橋第一中学校(東京)
タットでギュっと始まるオープニングから、ファンキーに広がる中盤、フリーに拡散する後半と、群の見せ方がうまい。
【応援団賞】

th_DSC04642

th_DSC04637

 

13:江戸川区立葛西第三中学校(東京)
しっかりと下半身と表情で踊っていく意識が、見ていて気持ち良い。衣装も選曲もセンス良く、この日随一のグルーヴ感が出ていた学校。
【第3位】

th_DSC04647

th_DSC04651

 

14:和泉市立石尾中学校(大阪)
鮮やかなホワイト+デニムが鮮烈な、パワフルな大所帯チーム。体が出来上がってくればさらにダイナミックになるだろう。

th_DSC04665

th_DSC04675

 

15:名渓学園中学校(東京)
今年なぜか目立ったゾンビ系チーム。動きのバラつきやぎこちなさが逆にゾンビっぽさを演出していくという好例(?)。

th_DSC04676

th_DSC04680

 

16:三田国際学園中学校(神奈川)
イカついヒップホップ音楽にチアのようなキンキラ衣装という組み合わせが不思議。チームの個性としてはさわやか方向にまとめたほうが良いかも。

th_DSC04696

th_DSC04698

 

17:中央大学付属横浜中学校(神奈川)
キャッチーな衣装に音楽、フォーメーション移動が楽しいチーム。多ジャンルをさまざまな表情で見せてくれた。

th_DSC04706

th_DSC04710

 

18:品川女子学院(東京)
東京のダンス名門校は、得意の品の良いコンセプト作品。ダンス要素は少ないが、持ち前のポピュラー性は同校ならでは。

th_DSC04723

th_DSC04731

 

19:川崎市立有馬中学校(神奈川)
中学生らしからぬアグレッシブなダンスを畳み掛ける。ややガチャガチャした場面もあったので、しっかりとトメとダイナミクスを作りたい。

th_DSC04741

th_DSC04744

 

20:樟蔭中学校(大阪)
振付けや構成も素晴らしいが、それぞれの動きを最大限大きくとっている意識が何よりも良い。動きの数よりも、動きの大きさが大事ということ。トリにふさわしいパフォーマンスだ!
【優勝】?

th_DSC04754

th_DSC04763

th_DSC04749

th_DSC04858

th_DSC04798

th_DSC04768

th_DSC04782

th_DSC04785

th_DSC04792

 

 

(レポート)DANSTREET/ダンスク編集長:石原久佳



  • ダンスク最新号は話題の登美丘高校を特集!強豪校コーチの本音も必見!