レポート★いよいよオーディション最終段階へ!「WEFUNK AUDITION」候補者7人がステージ上で対決!

2017.05.12 OTHERS

DANSTREETがバックアップするWEFUNK次世代シンガー&ダンサーオーディション
“君の歌で、踊りだす!!WHO’S THE STAR?!〜WEFUNK AUDITION〜”wefunk_audition_logo_01

WEFUNK AUDITIONとは:

ビクターエンタテインメント/スピードスターレコーズが手掛ける「WEFUNK」。世代・ジャンル・経験値を問わず、ダンスと音楽を愛するダンサーとミュージシャンが生演奏でコラボレーションするという新感覚ライブエンタテインメントです。さらなるエンタテインメントの高みを目指し、WEFUNKから生まれたプロフェッショナルバンド『BACKSIDE SMITH』の新メンバーを募集するべく、シンガー&パフォーマーオーディションを実施しました。

 

前回オーディションの模様はコチラ!

今回の「WEEKEND HERO -J-POP SPECIAL vol.2」にて、いよいよ最終審査である公開オーディションです!
5/3@川崎クラブチッタに集まった候補者はリハーサルから参加。
楽屋では和気あいあいとした雰囲気でリラックスしながら準備を進めていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲リラックスしながらも真剣に発声練習♫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲パフォーマーも鏡を見ながら体を温めていきます!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲すでに顔見知りになった候補者は和気藹々とリラックスする一面も。

 

ステージでは、イベントがスタートしました!
今回は、J-POP Specialということで全ての作品の使用曲が日本語!
聴いたことのある曲も多くて、一緒に口ずさんでいるお客さんも♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲振付師全員出演で平井堅「POP STAR」のダンス! キャッチーな振り付けがとても可愛らしい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲「HOT LIMIT」で夏を先取りしたハウスナンバー!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲「セロリ」の一曲使いで、チーム感のあるお洒落な作品!

 

どんどん出番が近づいて、バックステージの候補者にも徐々に緊張感が増していきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲一人楽屋から離れて最終チェック!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲モニターで会場の様子を確認! ドキドキしてきた!

 

本番前にみんなで円陣を組んで、「とにかくみんな楽しもう!」と気合いを入れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

そしていよいよ、彼らのステージが始まります!!

以下Photo:Natsumi Kakuto

170503kt105
▲まずは候補者7名がステージで紹介されます!

 

WEFUNKのテーマ曲とも言える「Step Forward」で、各シンガーがパートごとに入れ替わり、歌いつないでいきます。

それぞれの持ち味を活かしたアレンジをほどこし、勝負の緊張感と強い気持ちが感じられるパフォーマンス。

公開オーディションとは思えないクオリティで、観客も大盛り上がりです!

 

<シンガー候補者>

石川久絵

トップに登場したのは歌もダンスも本格派の彼女。パワーとパッションを感じさせる圧巻のパフォーマンス!
170503kt106
「もう全部出し切りました! お客さんの顔や表情まで見れたし、会場を感じれたと思います。聴いてくれた人や全ての人に感謝した1日であり、完全燃焼の1日でした!」

 

平野郁弥

毎日ジョギングするという肉体派の平野くん。男気溢れるキャラを気合の入ったラップで表現!
170503kt107

「大変緊張したんですけど、ここまで一緒に残った仲間と最高のパフォーマンスができたと思います。今までで一番いいパフォーマンスとかではなく、一番楽しめたと思えていることが大切だと思います。自分にこのような歌う機会、このような場を設けていただいた周りの方に感謝したいです!」

 

梅田淳平

シンガーソングライターとして活動する彼は、スモーキーな声質で会場を包んでくれました!
170503kt108

「客席にはお客さんがたくさんいて、自分なりに気持ち良く歌えました。人に聴いてもらってこそ、ライブだなと実感しました。ありがとうございました!」

 

宮東里奈

小柄な体から想像できないパワフルなヴォーカルで盛り上げる!
170503kt110
「最初は緊張していたんですけど、いい緊張感でたくさんのお客さんが盛り上がってくれたから、自分のテンションも上がりました。一番楽しめたと思います!」
安井秀貴

大阪から参加の気合十分な安井くん。強くて優しい美声を披露!
170503kt109

「本当にあっという間でした。この一瞬に自分が今までかけてきた全ての思いを出し切ることができたし、楽しめました。改めて、自分はたくさんのお客さんの前で歌いたいと思ったし、このオーディションを通して自分自身成長できました。ありがとうございました!」

 

 

<パフォーマー候補者>

大久保安紀佳

今回のオーディションはシンガーだけじゃない。ヒップホップダンス大好きな現役高校生。ステージでの笑顔とコミュニケーションが光る!
170503kt116

「舞台に立って人の多さに少し驚きましたが、自分を出し切り、お客さんを盛り上げることもできたので結果がついて来ればいいなと思います。とても楽しかったし後悔はないです! ありがとうございました!」
田村ひなた

こちらもフレッシュな高校生。慣れない大舞台だけど、ハジけるロックダンスと笑顔で盛り上げてくれました!
170503kt118

「緊張してあまり覚えてないんですけど、とにかくすごく楽しかったので結果に繋がればいいなと思います! とてもいい経験になりました。ありがとうございました!」

 

さてさて、合格者の発表は5/17(木)に本DANSTREETサイトにて!!!

お楽しみに!

 

posted by DANSTREET

 



  • ダンスク最新号は話題の登美丘高校を特集!強豪校コーチの本音も必見!