【EVENT REPO】次の世界的スターはキミかもしれない?!

2014.10.21 OTHERS

みんなも毎日1回はアプリを起動させているかな? 動画共有サイト「YouTube」。

2005年に開設されたこのYou(あなた)Tube(テレビ・ブラウン管)と呼ばれる動画共有サービスは、今や誰でも簡単にアカウントを作って世界発信できる画期的なメディア☆

みんなの中にも、自分のアカウントからダンス動画や、おもしろ動画を発信している子は多いかもしれないね!

 

「とりあえず面白いと思うことをやってみよう」と動画をアップし、世界的に有名になった人たちによるライブイベントが10月19日六本木EX THEATERで開かれた!! その名も…

YouTube FAN FEST with hp

これまでシンガポール、オーストラリア、インド、韓国などのアジア各国で実施されてきたこの人気イベント。ついに日本初上陸です!

th_RC_4_財部亮治(2)

昼間にはファンと交流するレッドカーペットショーが!

th_RC_11_WORLD_ORDER(授与2)

WORLD ORDERはレッドカーペットをあの「WORLD ORDER歩き」で登場し、お客さんを湧かせた!w

th_RC_13_HIKAKIN(2)

ヒューマンビートボックスで話題になったHIKAKINもセルフィしながら登場☆

th_RC_授与式全員(1)

YouTubeアワードを受賞した日本のYouTuberたち!

 

そしていよいよライブの本編がスタート! 六本木EX THEATERには、大勢のYouTubeファンが押し寄せたよ☆ YouTubeだけあって、海外のお客さんもたくさん見に来ていた♪

 

YouTubeで話題になった動画とともにレポしちゃうよ☆

WRECKING CREW ORCHESTRA

th_YTFF_1_WRECKING_CREW_ORCHESTRA(main)

トップバッターはダンス界のニューヒーロー「WRECKING CREW ORCHESTRA」!! 会場からは「おぉ〜」という地響きのような歓声が! 見事なELダンスで完璧なステージ!!! 一体何人で踊っているんだ?どうなってるんだ?という声が客席から聞こえたほど!

 

HIKAKIN

th_YTFF_2_HIKAKIN(main)

ヒューマンビートボックスの動画で一躍話題となったヒカキン。「自分のやりたいことをとりあえずやってみる」と様々な動画をアップし、企業からも注目を集めているよ☆

 

MACO

th_YTFF_4_MACO(main)

洋楽を自分なりに日本語訳し、持ち前の美声でカバー。その動画がヒットし、メジャーデビューまで果たしたシンデレラガール。北海道から上京して約1年で、様々な海外アーティストからも評価されてるなんて、本当にすごいことだよね!

 

Daichi

th_YTFF_5_Daichi(sub)

HIKAKIN同様、ヒューマンビートボックスで話題に。Daichiの得意技は、次々と動画を重ねて音楽を作り出すところ。すべて口だけで演奏しているとは思えない程の完成度の高さに驚かされる。「あまちゃん」のテーマを演奏した動画は、日本のみならず海外でも評価された話題作☆

 

hpイチオシアーティスト

iNDIGO BLUE

th_YTFF_6_iNDIGO_BLUE(main)

新しい形のボーカルパフォーマンスグループ。もともとは男子だけのシンクロ<ウォーターボーイズ>から発展し、美しい肉体とダンス、歌という新しいパフォーマンスをして人気を集めているよ! 見た目は男らしくてイカツい男の子たちだけど、この日のダンスはJAZZスタイル! 身体を美しく見せるニュージャンルのボーイズグループ☆ 全員腹筋が見事に割れてた〜!♡

 

hpイチオシアーティスト

Team Black Starz

th_YTFF_7_Team_Black_Starz(main)

ダンス番組「DANCE@HERO」の1stステージでも大人気だった、サラリーマンエンターテインメント集団。人気の「残酷な天使のテーゼ」のダンスで会場を湧かせた! 夢は、サラリーマンで武道館ライブをやること。どんなに人気が出てもサラリーマンを辞めないというサラリーマン魂がかっこいい!w

 

財部亮治

th_YTFF_8_財部亮治(main)

「ひとりglee」で話題になっているシンガーソングライター。“glee”とは合唱って意味なんだけど、1人で様々なパートを歌い、その動画を自ら撮影して編集しちゃうマルチYouTuber。カバーソングで話題になり、最近はオリジナル曲も配信し人気急上昇中☆

 

バイリンガールちか

th_YTFF_9_バイリンガールちか(1)

ダンサー、シンガーが続く中、突然現れた英語の上手なカワイイお姉さん、バイリンガールちか。子供のころ渡米し、16年間をアメリカ・シアトルで過ごした彼女。その得意なネイティブ英語を活かし、始めたYouTubeチャンネル「バイリンガール英会話」という英語学習コンテンツが大人気! 最近では、英語で日本の文化を発信する海外向けチャンネルも注目されています! 英語が苦手な子も、バイリンガールちかの動画で楽しく英語を学ぼう!!

 

Freddie Wong

th_YTFF_11_Freddie_Wong(2)

ショートフィルムの奇才と呼ばれる、世界的にちょ〜有名なYouTuber。低予算の中、ハリウッド映画のようなクウォリティーでショートムービーを制作。動画の構成・出演・サントラはほぼ彼の手によって作られてます。この日のためだけにアメリカから来たフレディー・ウォンは、「今回は滞在期間が短いけど、WORLD ORDERを楽しみに来た!次は日本で映画を撮りたい!」と終始ハイテンションだった☆

 

Marquese Scott

th_YTFF_13_Marquese_Scott(2)

「DABSTEPで踊るヤバいダンサー動画」で日本でもちょ〜話題になったダンサー☆ スローモーション、決してブレない身体の軸、細かい音取りが、遠くから見ていても人間とは思えない動きだったよ! 日本人ダンサー黄帝心仙人との動画も話題になったよねぇ。この方は是非いつか生で見てほしい!

 

HIFANA

th_YTFF_14_HIFANA(3)

日本を代表するDJユニット。サンプラーのパッドを叩いてビートを刻み、さらにそこにスクラッチやパーカッションなどを乗せていくというユニークなライブを見せてくれる。NIKEのMUSIC SHOEという動画で話題になったよ! 靴でさえもパーカッションにしてしまう、音と遊ぶことが大好きなミュージシャンなんだ☆ ダンサーはマストで知ってほしい日本人アーティスト!

 

Matt Cab

th_YTFF_15_Matt_Cab(sub)

サンフランシスコ出身、日本在住のシンガーソングライター。上智大学に交換留学生として来日したのをきっかけに、日本が大好きになり、日本人アーティストのカバーや、日本語のオリジナルソングを歌った動画が話題に! m-floとの活動で知名度を上げ、日本でのメジャーデビューも果たしたんだ! この日は、オリジナルの日本語での新曲を初披露し、その甘〜い美声が会場を包んだ♡

 

WORLD ORDER

th_YTFF_16_WORLD_ORDER(main)

名前を呼ばれると、会場からは「待ってました!」と言わんばかりの大きな歓声が! 海外から見た「日本のビジネスマン」のイメージをパロディにしたスタイルと、ダンスミュージック、ロボットのような不思議な動きが世界中で大ヒットしているよ!!! 日本では、格闘家の須藤元気がダンス?!という驚きと、予想をはるかに上回るダンススキルが話題に。新しい動画は、秋葉原が舞台。と〜っても面白いから何度も見たくなっちゃうね!

トリは、WORLD ORDERと財部亮治とのコラボ!!!

th_YTFF_17_WORLD_ORDER_財部亮治(sub)

#YTFF

YouTubeらしく、イベント用のハッシュタグを用意。お客さんは写真も動画も撮り放題で発信し放題! YouTubeでは生配信し、世界中の人がオンエアを見ていたにちがいない! 日本に居ながら、世界発信していくなんて、ちょっと前までは考えられなかったこと。“島国日本”にはピッタリのコンテンツかもしれないね! 引っ込み思案なキミが、明日のスターになれる可能性が大いにある素晴らしいコンテンツ。

出演者が口をそろえて言うYouTubeのいいところ。魅力。それは、

自分で企画して、撮影して、編集して、自分のやりたいことをダイレクトに世界に発信できるところ。

HIKAKINさんが言ってた「とりあえずやりたいことをやってみて、アップしてみる」ということが大事なのかもしれないよ! 思いもよらない自分の動画が、地球の反対側で大ヒットするかも知れないのだから!

th_YTFF_ALL_CAST

最後はみんなで、

WE LOVE YouTube!!!!!!

 

エンターテインメントってステキだなって改めて感じた1日でした。

さぁ!みんなでドンドン発信していきましょう!

 

YouTube Fan Festの模様は、公式チャンネルで見れちゃうよ☆

YouTube FAN FEST

 

 

posted by MAYU(DANSTREET)

 

 

 

ストJ記者大募集中!
目指せダンスト☆編集部員!

 

DANSTREET vol.2 発売中!!! 

▲雑誌「DANSTREET」amazonでも発売中!
699円(税込) 本体価格647円
ムック:97ページ
出版社:KADOKAWA/角川マガジンズ (2014/10/16)

 



  • ダンスク最新号は話題の登美丘高校を特集!強豪校コーチの本音も必見!