全チームレポ★部活ダンスは高校だけじゃない!ダンスタ中学校の全国覇者は三重中学校!

2018.08.20 HIGH SCHOOL

>>01~09チームへ戻る

 

10:京都文教中学校
王道ロッキンのスタイルで、中学生らしい純粋さと男女に踊り分けるチームワークが魅力的だ。高校も素晴らしいロックチームだけに、今後の飛躍に期待。

DSC06147

DSC06153

 

11:桜丘中学校(愛知)
最小3人での出場だが、アフリカ〜ヒップホップの民族衣装「ダシキ」をカッコ良く着こなして、ヒップホップを追求する。他に流されず、桜丘ならではのダンスを目指す心意気を感じさせる。

DSC06186

DSC06190

 

12:品川女子中学校(東京)
コンセプト作品が楽しい品女は「宅配便」配達員がテーマ。ストーリーの取り入れ方もユニゾンやフォーメーションでの見せ方も、中学ダンスのイメージにぴったりはまる。

DSC06234

DSC06245

 

13:トキワ松学園中学校(東京)
こちらも中高共にキャリアが長いダンス部。音取りが難しそうな前半をしっかりこなし、後半は衣装替えして情熱的なムードに。この年頃から磨いた表現力やセンスがきっと将来に生きるだろう。

DSC06322

DSC06324

 

14:三田国際学園中学校(東京)
最大の大所帯でカミナリをテーマにパワフルなユニゾンをカマす。本当に感電しそうな気迫とエネルギーがみなぎる。今後は、選曲の工夫をして演出効果を考えたい。

DSC06358

DSC06412

 

15:板橋区立板橋宿第三中学校(東京)
コーチ不在で自分たちで振り付けや音源制作に取り組んでいる公立中学。何の事は無い制服姿だが、やはり東京ゲゲゲイ的な抽象的でアブノーマルな世界観を繰り出していく。よくぞ中学生がここまでの表現と着眼点を持てると関心する。

DSC06431

DSC06452

 

16:三重中学校
高校部門で進境著しい三重「シリフレJr.」のさわやかパフォーマンス。いきなりエンディングを迎えたようなお祭り感や遊び心のある振り付けが会場の共鳴を生んだ。

DSC06514

DSC06486

 

17:江戸川区立葛西第三中学校(東京)
中学生としては難しいソウルっぽいロックダンスでファンキーに。選曲と衣装のセンスが素晴らしく、ファッションとカルチャー感にもこだわっているのが伝わる。

DSC06537

DSC06566

 

18:広尾学園中学校(東京)
高校の情熱ジャズ作風とは違うリラックスしたミドルスクールヒップホップ。ファッションとカルチャー感にもこだわった。

DSC06639

DSC06657

 

19:川崎市立麻生中学校(神奈川)
アラビアンな世界観で振り付けやフォーメーションにもオリジナリティが見られる。場面転換に合わせた表情付けが印象に残る。

DSC06715

DSC06728

 

20:横浜女学院中学校(神奈川)
女子の憧れCAがテーマで、アナウンスを使ったオープニングがセンス良い。今後は、音質(こもり)や音量レベルを気を使って、伝わり方の違いを意識したい。

DSC06760

DSC06771

 

第7回日本中学校ダンス部選手権
ダンススタジアム全国決勝大会
【結果】
優勝:三重中学校
準優勝:同志社香里中学校
第3位:江戸川区立葛西第三中学校
審査員特別賞:品川女子学院中学校
応援団賞:和泉市立石尾中学校

DSC06881

 

posted by DANSTREET

 



  • 人気ダンサーkanuがダンス部を訪問WS。最新スタイルを身につけよう!